プラントの施工管理には高度な知識が必要!

プラントの施工管理には高度な知識が必要!

重い責任と高い給与水準

石油や天然ガス、食品などを作る工場の中で、特殊な設備を持っているものをプラントと呼びます。そのプラントの建設を行う業務がプラント施工管理です。一般の工場よりもかなり大規模ですから、建築に関する高度な知識が必要なうえ、関わっているプラントが製造するものへの知識も必要になってきます。原価、工程、品質、安全の4つを管理することが仕事ですが、業務内容は多岐にわたり、責任も重いことから給与水準がかなり高くなっていることがメリットです。デメリットとしては、天候などの関係で予定が遅れている時には残業や休日出勤をすることがあげられます。

施工管理の仕事は調整役

設計製造から品質検査、試運転、メンテナンス等が業務ですが、プラント施工管理に関する専門的な資格はありませんので、やる気と知識があればチャレンジすることができます。どの仕事であっても経験は大切ですが、初めてチャレンジする人も建設業界に特化した求人サイトで仕事内容や待遇を確認するといいでしょう。プラント建設は大規模な工事ですから、働いている人も必然的に多くなります。プラント施工管理には働いている人たちの調整も含まれます。揉めている人達の間で板挟みになって、精神的に耐えられないケースもあるかもしれません。そう考えると一概には言えませんが、若い人よりも人生経験豊富な人のほうが向いているかもしれません。いい仕事をするためには人脈も大切ですから、その点でも年配の方のほうが有利となるでしょう。

プラントの施工管理は、プラント内でおこなわれる製造過程全体を管理する仕事です。具体的には作業工程や工期のスケジュール、原価の管理などをします。